仕事に使える文房具

ペンだこができやすい人におすすめのシャーペン

ペンだこ対策ならソフトグリップ”

私にとっての最近の文房具というと、どちらかというとタイピングの仕事の方が多くなってきていますので、シャーペンやボールペンなどよりも、キーボードの方が文字入力には圧倒的に使っている感じですが、それでもやはり、シャーペンやボールペンなどのこだわりはありますね。

 

以前文房具屋に新型の高い文房具を見に行くことがすごい楽しみだった時期には、値段が高いものにばかり目が言って、いろいろ購入していましたが、結局のところ、数年たっても使いたいと思うようなものはあまりなく、結論としては、やはり相性が一番!というところに至りました。

 

それ以来、値段が高いという事だけで信じることはせず、実際に自分でそれを使ってみて、どんな感じなのか?という事を確認してから必ず購入するようにしました。

 

やはりそうするようになってからは、はずれを引くことは少なくなり、身の回りにある事務用品も、何だか自分的にはちょっと自慢したくなるような優れものが増えてきました(笑)

 

 

今の日本の文房具というのは、本当にレベルが高いようで、外国人が見ると、そんな細かい配慮で商品が作られているとは!という事に驚くそうですね。

 

確かにその日本に住んでいる自分達にしてみても、文房具メーカーが、画期的な新しい商品を発売してきた時などは、それを使ってみて感動する事も多いですしね。

 

以前に購入して感激したのが、この写真の、ソフトグリップのシャーペンですね。

 

 

私は筆を持つことにかなり力が入ってしまうタイプで、交通事故で右手を悪くしてからはさらにそれがひどくなり、使い勝手の悪いシャーペンなどを使って文字を書いていたら、それこそ5分ぐらいでも手首がかなり痛くなってきます。

 

そのような状態になっていた時に、このソフトグリップのシャーペンを使ったら、本当に仕事がしやすくて、感激しました。

 

ちなみに学生時代には、普通に鉛筆を使っていて、たいして勉強もしていないくせに、中指に結構なペンだこができています。

 

勉強をしなくなってからはや10年、ようやくそのタコも消えていきましたが、その消えた理由としては、このソフトグリップを使い始めた事も大きいかと思います。

 

ペンだこが常にガチガチにあるタイプの方は、ぜひこれを使ってみる事をおすすめします!


ホーム RSS購読 サイトマップ